ペット

ペットの火葬と供養方法

家族同様に可愛がっていたペットが亡くなったら、人間と同じように供養してあげたいものです。そんな需要の高まりを受けて、最近では茨城県でもペット葬儀を行う霊園や民間業者が増えています。茨城県内で行われているペット葬儀には合同葬と個別葬の2種類があり、訪問火葬車を利用すれば自宅近くでの火葬も可能です。

詳しく見る

骨壺

ペットとのお別れ

大阪でペット葬儀をするために知っておきたいことがあります。ペットが亡くなったら早めにいくつかのペット葬儀社に依頼をし見積もりを取り、比較しながら選びます。自宅ではペットの体を冷やし、亡骸の状態を保ちます。火葬は合同なのか個別なのか、家族が希望する形や予算で選択できるのが特長です。

詳しく見る

キャットフード

ペットにまつわるサービス

ペット供養の具体的なサービスとして、霊柩車による亡骸の引き取りや葬儀が挙げられます。その他、火葬にも対応してもらうことができます。遺骨については併設の霊園に納骨することが基本ですが、希望すれば自宅に持って帰ることも可能です。墓の他に納骨堂もあり、合同供養と個別供養の両方に対応してもらえます。

詳しく見る

飼い猫の健康の為に

犬と猫

三つのポイントについて

猫は散歩の必要がないため、忙しい社会人でも飼いやすいのが特徴です。しかし、室内で飼うからこそ、子猫の健康管理にはきちんと気をつけなくてはいけません。中でも重要なのがキャットフードの選び方です。室内飼いの子猫のキャットフードを選ぶ時は、以下の三つのポイントに気をつけて選ぶようにしましょう。一つ目が、免疫力です。免疫力とは、ウィルスや細菌から体を守る力の事です。室内飼いの子猫は外部との接触がないため、外猫よりも免疫力がつきにくいと言われています。免疫細胞を活性化させる善玉菌、乳酸菌が多く含まれたキャットフードを選ぶようにしましょう。二つ目が、添加物です。市販のキャットフードには防腐剤や着色料が多く含まれています。これらはアレルギーを引き起こす可能性があるだけではなく、腸内の悪玉菌を増やし、免疫力を低下させてしまいます。「無添加」「合成着色料不使用」と書かれたキャットフードを選ぶようにしてください。三つ目が、たんぱく質です。室内飼いの子猫は、外猫よりも活動範囲が制限されています。筋力の元となるたんぱく質を摂取する事で、室内飼いでも健康な体を作ることができます。子猫に必要なたんぱく質は肉、魚などの動物性たんぱく質です。キャットフードを選ぶ時は成分表示をチェックし、動物性たんぱく質が含まれているか確認するようにしてください。また、市販のキャットフードにはコストを削減するため、穀物を利用したものが多く売られています。胃腸の働きが弱い子猫は、穀物を上手く消化する事ができません。グレインフリーと書かれた穀物不使用のものを選ぶようにしましょう。