ペットの火葬と供養方法

ペット

訪問火葬車の利用も増加中

持ち家比率が全国15位で関東地方の中でも最も高い茨城県は、一戸建て住宅の比率も全国平均を上回っています。そうした住宅事情を反映して犬や猫などのペットを飼う人の数も茨城県では多く、犬を散歩に連れている人の姿も県内では日常的に見られる光景です。昔から犬は番犬として飼われ猫はネズミを捕る目的で飼われていましたが、そうした役割も時代とともに変化し、ペットを家族も同然に愛する人が増えてきました。そんな飼い主にとって、人間より寿命が短いペットとのお別れは家族を喪った場合と変わりないほど悲しい出来事です。かつては亡くなったペットを焼却場で焼いてもらうのが一般的でしたが、そのような方法に抵抗を抱く人は茨城県内でも増えています。そのため県内では他の都道府県と同様にペット葬儀を行う霊園や民間業者が多く登場し、ペットとの別れを惜しむ飼い主の人たちに利用されるようになりました。料金プランによっては人間と同様にお骨上げや墓地への埋葬も可能となっており、家族同様に可愛がっていたペットを手厚く供養することができるのです。茨城県内で行われているペット葬儀の形態としては、大きく分けて合同葬と個別葬の2種類があります。合同葬は他の家のペットと一緒に火葬した後に提携する合同墓地への埋葬を行う方式で、個別葬よりも料金の安い点が特徴です。個別葬は合同葬より料金が多くかかりますが、火葬後は遺骨を骨壷に収めた上で返骨してもらうことができます。特に最近では訪問火葬を行うペット葬儀業者が茨城県内でも増えており、煙や臭い・有害物質を出さない特殊な火葬車を使用して自宅近くでの火葬が利用できるようになりました。茨城県のペット葬儀業者はインターネットで検索すれば多く見つかり、料金プランなども業者のサイトを通じて検討できます。火葬後の供養の仕方も自宅に祭壇を作る方法や、海や山林への散骨など多彩な方法から選択することが可能です。