亡くなったペットの葬儀

猫

マナーについて

人間の葬儀のように、ペット供養にもマナーがあるのではないかと心配になっている方も多いかもしれません。ペット供養を行う際には、対応や服装などどのようにすれば良いのでしょうか。人間の場合ほど神経質になる必要はありませんが、滞りなく進めるためにはある程度のマナーを守らなければなりません。ペット供養専用のホールでは必ず喪服を着用しなければならないということはありませんが、過度にラフな格好や派手なデザインの服は控えた方が好ましいとされています。そのため、普段から黒やそれに近いような落ち着いた色味の服装を用意しておくと安心です。ペット供養専用のホールは、他の利用者との共用になります。そのため、周囲の迷惑になるような騒音や行動は慎むことが大事です。フラッシュ撮影をしたり、大声で喋ることは控えるようにします。ホールによっては写真撮影をあまり歓迎していない所もあるため注意が必要です。葬儀に一緒に飼っていたペットや小さな子供を参列させると、慣れない場所で緊張して普段とは違った行動を取ってしまうかもしれません。そのため、目を離さずにしっかりとフォローしてあげるようにします。おとなしくできない場合には、無理をさせず自宅で待機させた方が無難です。葬儀の流れは人間の場合とほとんど同じです。初めての人でも、スタッフの指示に従って動けば問題ありません。家族以外で参列してくれる人がいた場合には、後でお菓子などのお礼を忘れないようにします。