ペットにまつわるサービス

キャットフード

具体的なサービスの内容

少子化の進んだ現代では、犬や猫などのペットも家族の一員としてみなされています。そのため、死後も人間と同様に手厚く供養されることが当たり前となりました。こういった流れを汲んで、ペット供養を専門とする業者が続々と登場しています。ペット供養とは、犬や猫などのペットが死んだ後に火葬や葬儀などを行うサービスのことです。業者によっては、ペット専用の霊園を完備している所もあります。ペット供養の具体的なサービス内容について、以下に説明を行います。自宅などでペットが息を引き取った場合、業者に連絡すればすぐにペット用の霊柩車で迎えに来てもらうことができます。そのため、体の大きなペットであっても問題ありません。亡骸が葬儀場まで運ばれた後、納棺や読経を経て火葬が行われます。葬儀の際には祭壇に写真を飾ることができる他、ペットが好きだったおもちゃやお菓子を納棺することも可能です。その後、遺族による骨上げが行われて終了となります。遺骨の処理については合同の供養墓に納めることが基本ですが、希望すれば自宅に持ち帰ることもできます。そのため、いずれは飼い主と同じお墓に納骨したいと考えている場合でも安心です。ペット供養のための霊園には、合同墓と個別墓の両方が用意されています。個別になると料金が高くなる仕組みです。しかし、合同墓であれば定期的にまとめて供養してもらうことができるため遠方の人でも安心です。その他、納骨堂などシンプルな形式の供養にも対応してもらうことができます。納骨堂も墓と同様に、合同供養と個別供養のいずれかを選べます。最近では、遺骨を自然に戻す樹木葬なども登場しています。